ヘルニアの症状を軽減しよう~ボディーの歪みをのびーっと伸ばす~

腰痛

ヘルニアについて

医者

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の椎間板の一部が神経や脊髄を圧迫することで起こります。痛みやしびれが広範囲に現れてくることが多く、症状に応じて治療法が決定されるのが一般的です。頸椎椎間板ヘルニア手術には、よりリスクの少ない方法も登場しています。

Read More...

特徴と悪化させない工夫

男性

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中心にある髄核が外に出て神経の根元などを圧迫刺激するために起こる腰痛です。急性の場合には激しい痛みを感じますが、慢性の場合には腰の重さやだるさが、徐々に痛みに変わっていきます。

Read More...

診断と治療が向上しました

症状を軽減させる動作

女性

ヘルニアという言葉が付く疾患は、複数存在しますが、頸椎椎間板ヘルニアは幅広い年代に発症する疾患です。 では、なぜ頸椎椎間板ヘルニアの発症数が多いのかですが、それは頸椎の可動性の高さにあります。 人間の脊椎というのは、頸椎を除きますと、それほど大きな可動性を持っていません。 これに対して頸椎は、回旋を初めとして、とても大きく動かすことが可能なのです。 この大きな可動性を持つことは、人間の活動に貢献するいっぽうで、頸椎の疾患の基盤となっているのです。 そこで知っておくと良いのが、どのような動きが頸椎椎間板ヘルニアと関係あるかです。 まず、もっとも注意を必要とするのが、首を伸展する動きです。 この動きをしますと、頸椎から伸びる神経の根元に当たる、神経根を圧迫することになります。 したがって、頸椎椎間板ヘルニアを患っているときには、首を伸展させないと、症状を軽減させることが出来るのです。

CTと同じようになります

さて、頸椎椎間板ヘルニアの治療法として、最近は手術療法を選択することが、少なくなりつつあります。 理由としては、この疾患のメカニズムが、徐々に明確になってきたことです。 病態のメカニズムの解明に、もっとも大きく貢献したのがMRIです。 MRIが普及する前は、レントゲンやCTによる画像から、病態を推測するしかありませんでした。 ところがMRIは、圧迫を受けている神経そのものを描出させるので、病態が明確になったのです。 加えて、日本は世界で一番MRIの台数が多い国で、その普及率の高さが際立っています。 このように、病態が明確にし易くなってきたわけですが、治療法も向上するようになってきました。 例えば、その痛みやシビレの原因は、患部の炎症であることから、その炎症の軽減を重視するようになっています。 具体的には、頸部に加わる負担を軽減させるための、日常生活動作の指導や、消炎鎮痛剤の利用です。 現在は、MRI検査の時間の短縮が課題で、改善が進んでいるため、CTと同じ程度になることが予想されます。

体の要である腰を大切に

医者

腰は人間の要であり、運動を司る部位です。日本では国民病と言われるぐらい患者数が増えています。辛い腰痛である椎間板ヘルニアは、最新のレーザー治療により手術の負担が少なくなり明るい兆しが見えています。

Read More...